「死の国」熊野と巡礼の道 新潮文庫 せ-13-11 古代史謎解き紀行



13,50 

Urheber: 関/裕二∥著
Anbieter / Verlag: 新潮社
Erscheinungsdatum: 2017.11
Artikelnummer: 9784101364810 Kategorie: Schlüsselworte: ,

「死の国」熊野と巡礼の道 新潮文庫 せ-13-11 古代史謎解き紀行
新潮社
関/裕二∥著

熊野に迂回してヤマト入りを図った神武天皇、応神天皇。なぜ彼らは「死の国」熊野を目指したのか。熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社の熊野三山、荘厳な名瀑・那智の滝…。紀伊半島の「死と再生」の聖地を巡り、ヤマト建国の謎を解き明かす。
熊野に迂回してヤマト入りを図った神武天皇、応神天皇。なぜ彼らは「死の国」熊野を目指したのか。熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社の熊野三山、荘厳な名瀑・那智の滝、聖なる巡礼の道・熊野古道、巨大な磐座がご神体の神倉神社、国生みの神イザナミの御陵・花窟神社…。紀伊半島の「死と再生」の聖地を巡り、ヤマト建国の謎を解き明かす、古代史紀行シリーズ、書下ろしで登場。
第1章 死の国 伊勢と熊野(なぜ紀伊半島一周に決まったのか;熊野は死の国 ほか);第2章 熊野三山の秘密(遠くから神奈備山と分かる阿須賀神社の蓬莱山;宮井戸社は黄泉の入り口?それで水葬をしていた? ほか);第3章 熊野古道と風葬(アラ還オッチャン二人組そろって叱られるの巻;熊野本宮の古い社殿は明治の水害で流されていた ほか);第4章 神武天皇とヤタガラス(大門坂で感じたのは「巡礼の旅も悪くない」;那智の滝は日本一 ほか);第5章 熊野とスサノヲ(大きな荷物と釣鐘まんじゅうの交換条件;安珍清姫のネタ元 ほか)
関 裕二(セキ ユウジ)1959(昭和34)年、千葉県柏市生れ。歴史作家。仏教美術に魅了されて奈良に通いつめ、独学で古代史を学ぶ。1991(平成3)年に『聖徳太子は蘇我入鹿である』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

Artikelnummer / ISBN: 9784101364810

Urheber: 関/裕二∥著
Anbieter / Verlag: 新潮社
Erscheinungsdatum: 2017.11
Produktsprache: Japanese
Seitenanzahl: 266p
Höhe / Breite / Tiefe / Gewicht: 16cm
Produktform: Japanisches Buch